体臭 女性ホルモン 加齢臭

30歳過ぎからの体臭の変化・・加齢臭について

 

加齢臭は男性のものと思い込んでいる人が多いのですが、実は女性も30代から加齢臭予防をしていくことが必要と言われています。

 

そもそも加齢臭とは、その名の通り加齢によって体臭がきつくなっていくことを指しているのですが、これは男女共にどちらにも関係していると言われているのです。

 

女性の場合、化粧品やデオドラント用品などを使用することで、自分の臭いに気付くことができないことが多い為、自覚していないことも珍しくありません。

 

女性の加齢臭は女性ホルモンの減少が引き金となっていると言われているのです。女性の場合も年齢を重ねていくと女性ホルモンの分泌が減少され、更年期へと向かっていきます。

 

そうなると男性ホルモンの働きが活性化されてしまいます。男性ホルモンが増えることで皮脂の分泌量が増加してしまい、加齢臭へと変化させてしまいます。

 

また男性ホルモンの増加だけではなく、加齢と共に体は酸化しやすくなっていきますので、この二つの作用によって体臭がきつくなってしまい、加齢臭となってしまうのです。

 

人の臭いには敏感に反応する人でも、自分の臭いには鈍感であることが多いのでケアすらしていない女性が多いようです。30代〜40代にかけてが一番体臭がきつくなる年代と考え今からでもしっかりケアしていきましょう。

 

健康的な生活はもちろんの事、加齢臭対策として抗酸化作用のある食材を積極的に摂取することをおすすめします。
また、脇の下や頭皮、背中、首の後ろなどから臭いを発生させてしまいますので清潔に保つことが大切です。体臭予防用のシャンプーやボディソープなども発売されていますのでぜひ生活に取り入れていきましょう。

 

女性にとって臭いはとても重要なものです。
自分が人から臭いと思われることは耐えられませんよね。
日常的に意識していくことで体臭予防をすることができますので30代から始めましょう。また女性ホルモンの働きを活性化することも有効です。

 

ボディソープと石鹸

page top