体臭 ホットフラッシュ 女性

汗くさくなるホットフラッシュに注意!

満員電車に乗り合わせるとどこからか漂ってくる汗臭い臭いは、周囲に立つ中高年男性に特有の加齢臭と考えられがちですが、意外と女性にも起こり得る状態なので注意しなくてはいけません。

 

加齢臭とは中年期にかかる男女にみられる独特な体臭の総称で、全身の汗腺から発生するノネナールと呼ばれる物質が原因とされます。主に背中や胸などが多いですが、首筋や頭皮といった部位にも発生します。

 

ノネナール自体はそれほど不快な臭いではないことが知られており、本来は問題になる物質にはなりません。しかし、アンモニアやジアセチルといった物質と混ざることで強烈な臭気を発するので、加齢臭対策にはノネナールを駆除することが第一に考えられています。

 

更年期となる女性はホルモンバランスが狂いやすく、自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮と拡張のコントロールがおかしくなってのぼせやほてりといった症状に見舞われます。この状態をホットフラッシュと呼び、通常より汗の量が増えるようになります。

 

一般的に多汗症と呼ばれる症状ですが、通常は手のひらや足の裏に汗をかくのに対し、ホットフラッシュは顔や首、胸元などで汗が多くなるようです。

 

また、この時に分泌される汗は運動によって発生するサラサラとしたものとは違い、皮脂やアンモニアといった成分が多分に含まれていることでベタつき蒸発しにくいものとなっています。そのため、汗腺や皮膚に残り、他の成分と混ざりやすくなることから汗臭さや加齢臭の原因となるのです。

 

ホットフラッシュは更年期に起こるものですが、発生する原因さえわかっていれば、対策することも不可能ではありません。自律神経の調節ができるように、ストレスなどを溜めないようにするほか、ホルモンバランスを整える食事や運動などをすると効果的です。

 

汗の臭いを抑えるために、肉や脂っこい食事を避け、野菜を中心とした食生活にするのも対策のひとつです。
また、普段から汗をかいておけば老廃物の排出も減るので、シャワー中心の生活から入浴に切り替えるのも良いかもしれません。

 

ボディソープと石鹸

page top