ワキガの臭いと体臭

ワキガの臭いと体臭

ワキガ対策として、制汗剤を使ったり、体臭予防ができるという石鹸を使っている方もいるでしょう。

 

脇から悪臭が放たれるワキガは、気になる方にはぜひとも対策を取っていただきたいと思います。

 

私は以前、お菓子を配達する仕事をしていたことがあるのですが、その職場の中にワキガの方がいて、対策をして欲しいとみんなで話していたことがあります。

 

ワキガの方は、自分が悪臭を放っているとは自覚をしていなかったようで、対策というのは何も行っていませんでした。

 

もう、とにかくワキガの臭いがひどく、その方が更衣室を使うとなると、他の人は更衣室に入れないほどで、何か対策を講じなければと周囲は話していたのです。

 

また、配達という仕事柄、社内の人がワキガで迷惑をしていればよいというものでもなく、お客様もその方の臭いで迷惑をしてしました。

 

そして、お菓子は食べるものですから、ワキガの方が配っている食べ物を、誰が口の中に入れたがるのかという話にもなり、所長は周囲から対策を練るように言われていました。

 

その方はワキガであることを自覚していませんでしたから、やんわりと悪臭を放っているところから話を始めないと、対策を取ることはできませんでした。

 

それで所長は、その方にワキガであることを告げ、対策してくれるように頼んだようです。

 

その日から、その方はワキガ対策のために、更衣室で制汗剤を使っていました。

 

しかし、その方のワキガは制汗剤で対策が取れるほどやわなものではありませんでした。

 

制汗剤を使うと、制汗剤とワキガの臭いが混じり、より強い臭が漂うようになってしまったのです。

 

ワキガの方が制汗剤や石鹸など、市販のもので臭いの対策ができないなら、手術を検討すると良いのでしょう。

 

結局、その方はワキガを病院で治療し、対策を取りました。

 

すると、嘘のようにワキガの臭いは減少し、周囲も、その方も笑顔で仕事ができるようになりました。

 

手術というのは最終手段であり、高額な費用がかかるので、ワキガの対策として始めから行なうものではないでしょう。

 

しかし、何を使ってもワキガ対策ができないほどであれば、周囲にも迷惑をかける悪臭でもあるので、手術をお勧めします。

 

ワキガ対策としてその方が受けた手術は、脇の下にボトックスを注入するというものだったようです。

 

そして、ワキガだった方は、悪臭対策ができるようになったからなのか、性格が明るくなりました。

 

その後、ワキガだけでなく、「ボトックスでシワも取って若返っちゃったわよ〜」となどと言って、周囲を笑わせてくれています。

page top