ブーツを履いたあとの足が臭い方へ

ブーツを履いたあとの足が臭い方へ

 

 

飲み会に行ってブーツを脱がなければいけない状況になってしまってから慌てても、足の臭いをごまかすことはできませんよね。

 

では慌てることのないように、足の臭いに立ち向かってみませんか?

 

そもそも足は臭いやすい環境にあります。

 

足には1日にコップ1杯の汗をかくと言われています。

 

足にはエクリン汗腺という汗腺が多く分泌しているので、他よりも多くの汗が出るのです。

 

しかしかいた汗自体は、ほぼ水分なので臭いはありません。

 

靴や靴下で覆われているため、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすいのです。

 

足に付いていた皮脂や汚れと、溜まっていた角質が汗と一緒になり蒸れるため、酸っぱいような、食べ物の腐ったような、独特な足の臭いが発生していたのです。

 

だから足の臭い対策をするには、汗をかいた足を清潔にすることが第一です。

 

でも「足は毎日ちゃんと洗っているけど?」と思っていませんか。

 

しかし体を洗う流れで足を洗うだけでは、臭っている足に洗浄成分が届いていないのです。

 

殺菌成分の配合された石鹸を使うことも、臭い対策に効果があります。

 

洗い方にも注意しましょう。石鹸の有効成分でしっかり臭いを取るために、指と指の間まで洗います。

 

そして力を入れてゴシゴシ洗うと肌が荒れてしまうので、優しく洗うことも大切です。

 

何でもないことのようですが、洗った足を乾かすことも、臭い対策には効果があります。

 

蒸れることで、臭っているのですから、しっかり乾かすことが足に良いことは分かりますよね。

 

そして綺麗に洗ったあとは、薬用クリームを塗ることで、殺菌・消臭効果が期待できます。

 

厚生労働省から認可された殺菌の有効成分イソプロピルメチルフェノールや、柿タンニンなどが配合されているものなど種類はたくさんあります。

 

次にいつも履いている靴下を、通気性の良いものにすることで、蒸れを防げます。

 

綿など天然素材のものがいいですね。

 

仕事などでストッキングを履かなくてはいけないときも、休日は裸足になって足を乾かす、昼休憩に一度除菌シートで足を拭く、足用の制汗スプレーを利用して乾燥させることで臭いの対策になります。

 

毎日同じブーツを履くことで、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

乾かすためにも2〜3日休ませることで、臭いの対策になります。

 

外で陰干しにするだけでも十分ですが、銅の消臭効果が期待できるため、10円玉を入れておくという方法もあります。

 

そして100均にもある抗菌・消臭効果のある中敷(インソール)を使用することも、臭いの軽減には効果がありますよ。

 

足だけ考えるのではなく、食生活を振り返って見てください。

 

お肉が好きでも一緒に野菜を摂るなど、バランスの良い食事をしないと、脂質を含んだ汗をかいてしまうこともあります。

 

それが臭いに変わってしまうので、好きなものでも偏った食べ方は避けましょう。

 

足の汗をそのままにしない・お風呂で丁寧に洗うなど、面倒なこともありますが、続けて行うことで、臭いの対策することで効果が期待できますよ。

 

ブーツを自信もって脱げるようになれるよう応援しています。

 

ボディソープと石鹸

page top