腸内環境が体臭に大きく影響する

腸内環境が体臭に大きく影響する

体臭,腸内環境

 

腸内では、善玉菌と悪玉菌に日和見菌が混在していて、腸内環境のバランスを保っています。

 

それがストレスや食生活の乱れなどが原因となり、腸内環境が悪くなることがあります。そんなときは悪玉菌が増えてきているため、体にさまざまな問題が起きてしまいます。

 

腸内環境が悪くなると、肌荒れや肩こりなどの不調があらわれるばかりか、老化を早めることもあります。そして体臭にも大きく影響してきます。

 

お肉ばかり食べるなど偏った食事を続けることで、腸内環境が悪くなることがあります。お肉を消化するためには、かなりのエネルギーを消費します。それにより内臓の働きが、弱くなってしまいます。

 

便秘気味な方は、腸内環境のバランスが崩れています。腸や肝機能が低下していることで、アンモニアが溜まってしまいます。一部は分解されて尿として排出されますが、増えすぎていることで排出しきれないため、血液中に入ってしまいます。それが汗腺から汗として出るため、臭いを含んだ汗をかいてしまうのです。

 

腸内環境が悪くなると、アンモニアの臭いがする体臭が発生してしまうため、注意が必要なのですね。

 

原因は他にも、ストレス・運動不足・加齢・薬の服用などがあります。これらは免疫力が低下して、病気にかかりやすくなってしまいます。こうなると体臭だけの問題ではないため、腸内環境を整える必要があります。

 

食べ物を改善することで、腸内環境を整えることが期待できます。乳酸菌は善玉菌を増やす効果があります。合わせて乳酸菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖を摂ることで、自然な排便を促すことができます。

 

酢には抗菌作用があるため、胃腸の動きを活発にしてくれます。動きの悪くなった内臓が動くようにしてくれます。飲むとさっぱりするので、精神的にもスッキリしますよ。リンゴ酢など酢酸飲料を上手に利用しましょう。

 

食事以外にも方法がありますよ。入浴は、汗と皮脂を落として体を清潔にします。そして湯船につかることで、血行を良くすることで、内臓の働きも良くなります。しかも疲労回復にもなるため、おすすめします。

 

運動不足の状態では、腸が動かないため便秘になるなど腸内環境が悪くなります。軽いジョギングや散歩をすることでも、腸は活動し始めます。無理をしない程度に、体を動かしましょう。

 

そして体を動かすことで、良い睡眠につながります。ぐっすり眠ることは、ストレス解消にもなるからです。寝る前に、お腹をマッサージすることで、翌朝自然な排便を促すことも可能です。両手を重ねて指の腹で、時計回りに腸に沿って、優しくゆっくりとマッサージしてみましょう。

 

そして朝の決まった時間にトイレに行く習慣をつけることも、自然な排便には有効ですよ。忙しい時間は、便意を我慢してしまうことがあり、これが便秘になってしまう原因になることもあります。朝起きたときに、排便を済ませることが理想ですね。

 

ボディソープと石鹸

page top