正しい洗髪の方法

正しい洗髪でニオイを防ぎましょう

頭皮の中からの臭いが生じるケースでは適切に洗髪がが行なわれているのか再確認することが必要です。

 

また臭いの問題だけということじゃなく地肌の健康といった事でも洗う方法が重要です。

 

重要なことは、まず汚い部分を簡単にキレイにしておくことです。

 

その為にもあらかじめクシの通りを良くしておくようにしておきます。

 

クシのおかげで頭皮の汚い部分が落ちるためシャンプーの効果効能がアップして、なお一層髪の絡みも解消できますので指が引っ掛かり抜け落ちるトラブルも減少します。

 

お湯を使用した最初の洗いもないがしろにできません。

 

すぐにシャンプーをするのでなく、最初にお湯だけで洗髪をやることで汚れ落ちが高まります。

 

それだけでキレイになる上に、シャンプーの泡立ちも向上します。

 

洗髪する時のコツとしては、力を入れずにそっと洗ってあげることです。

 

汚い部分が気になるといつの間にか力も入ってしまいがちですが、強くこすりつけると乾燥しやすくなってしまいます。

 

そうすると頭皮を守るよう皮脂が発生しやすくなり、酸化した皮脂が悪臭の原因になってしまうこともあるんです。

 

脱脂力が強烈なシャンプーだと乾燥の可能性が増えます。

 

元々女性の場合は皮脂の量が少な目で、強い脱脂力はそれほど必要ではありません。

 

そういうわけで強力に皮脂を奪い取るようなシャンプーはあまり利用しない方が良い場合も多いです。

 

シャンプーの後は、入念に洗い流しすのも重要な点です。

 

特に女性は、髪が長く集中してすすぐようにしないと汚い部分が残留してしまいます。

 

地肌からしっかりとすすぐようにすることが大切です。

 

余談ですがすすぎの際に熱過ぎるお湯を使用すると、それに関しても乾燥の原因になります。

 

よく注意した方がいいと思います。

 

臭いを対策するために、入浴後の取り組みも大事なことがあります。

 

まずお風呂上がりには、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

 

放置は、雑菌が繁殖して悪臭の原因になります。

 

ドライヤーで乾かす場合は、根本からしっかりと乾かすことが必要ですが、同じ個所を長時間熱すると乾燥するので、部分的に温度をチェックしながらドライヤーをしましょう。

 

ボディソープと石鹸

page top