体臭 サプリ 女性

生理前はデリケートゾーンの臭いが気になります

 

生理前になるとデリケートゾーンの臭いが、かなり気になるようになり香り付きのナプキンを使用するなど普段から対策するようにしていました。でも、なかなか臭いが改善しないので、けっこうストレスを感じるようになりました。

 

特にデリケートゾーンの臭いが強烈だなと感じたのは、椅子に座った時は自分でも分かり、生臭いツーンとした臭いがするので、周りにも気づかれたのではないかなとヒヤヒヤしていました。

 

臭いに関して友人へ相談するのも抵抗感がありますし、何か良い方法はないかなと思い、一人でずっと悩んでいました。
最近は更年期の症状もで始めたので、それも影響しているかもしれないと感じるようになり、婦人科を利用することにしました。

 

40代になってから女性ホルモンバランスの乱れがあり、汗を沢山かくようなホットフラッシュの現象でかなり体臭も気になるようになったり、目眩や吐き気がすることもあり、以前とは症状が大きく違ってきたのを感じていました。

 

デリケートゾーンの臭いにもこれは大きな原因になっているかもしれないと思い、婦人科を受診して相談してみました。

 

ホルモン値を検査してみると女性ホルモンが減少し、特にエストロゲンが減っているので補った方が良いとアドバイスがあり、日常生活では大豆食品を積極的に取り入れるなど工夫した方が良いこともアドバイスをうけました。

 

漢方薬を使用して女性ホルモンバランスを整えることにして、漢方の効果を体感できるまでしばらく時間がかかるけど、使い続けてみることにしました。

 

デリケートゾーンの臭いに関しては、ボディソープで体を洗うのではなく、石鹸で洗うべきだとアドバイスがあり、石鹸で体を洗うことにしました。

 

けっこうデリケートゾーンに不快感を持って婦人科を訪れるケースも多いようで、早めに受診することが大切だと話しがあり、実際にホルモン値の検査など行ったことで適切な処置の仕方など詳しいことを聞けたので、とても参考になりました。

 

膣の中を洗浄するのは止めた方が良いとのことで、石鹸で清潔に保つことが重要だとアドバイスを受けました。

 

更年期の症状もで始める40代は、早めから漢方薬などでホルモンバランスを整えることで、おりもの量も調整できるようになったり色々と利点も多いことが分かりました。

 

臭いも次第に薄くなり、生臭い臭いもなくなってきたのでホッとしました。
香り付きのおりものシートを使用して毎日快適になりました。

 

ボディソープと石鹸

page top