体臭 衣類 靴 臭い

染みついた衣類や靴も臭っています

体臭を気にしている方は、すでにデオドラント剤などに気遣って、臭いの対策をしています。
しかし臭いが取れないと思っているときは、衣服に臭いが染みついている場合があります。

 

体臭は、汗と雑菌が混ざることで発生します。
この汗は当然衣服にもついていて、雑菌は服の繊維の中で増殖を続けます。
雑菌は湿気を好むため、いくらでも増えてしまいます。
そうなると、通常の洗濯をしても臭いは落ちません。
だから少しだけ手間をかけて対処してみましょう。

 

おすすめの洗濯方法
A
洗剤+塩素系漂白剤

 

強力な効き目の塩素系漂白剤は、白いものを漂白するには効果がありますが、色物は色落ちしてしまうためおすすめできません。

 

B
洗剤+酸素系漂白剤(粉末)
バケツにお湯(40℃)をためて、洗剤と漂白剤を溶かして、30分から1時間付け置きして、洗濯機で通常通り洗います。

 

酸素系漂白剤は液体と粉末タイプがあります。比べると粉末タイプのほうが漂白効果に優れています。メーカーの漂白剤の規定の量を守って使用しましょう。多く入れたからといって、よりキレイになるものではありませんよ。

 

C
重曹大さじ2杯+水1リットル
よく重曹を水に溶かして、衣服をつけます。一晩つけて、朝洗濯機で通常通りに洗います。つける時間は、自分で調整してみてください。

 

重曹には消臭効果が高いため、衣服の雑菌の臭い取りに有効です。しかしアンモニアの臭いには効果が薄いです。

 

注意することもあります。洗濯機によっては、重曹が使用できない場合もあります。使用説明書を確認しましょう。
同様に、衣服によっては色落ちや縮むことがあります。表示を確認してから洗濯しましょう。

 

●加齢臭対策
油でできているノネナールという成分が、加齢臭の元になります。これが服について洗濯しても、繊維の中に残った成分が増殖してしまいます。しかも洗濯機に入れた他の衣服にも臭いが移るため注意が必要です。お父さんの服と分別洗いされてしまうのは、こんな理由からなのです。

 

キレイに脂を落とすためには、脂質分解酵素入りの洗剤を使います。洗剤の主成分である界面活性剤を助けて、繊維の奥まで入り落とすため効果的です。また重曹は消臭に優れています。Cの方法も効果を期待できます。

 

●ワキガ対策
シャツの脇の部分が黄ばむのは、ワキガの汗に皮脂やタンパク質が含まれているからです。これはお湯で落ちるため、Bの方法が効果を発揮します。消臭の効果があるため、Cの重曹を使用する方法もいいですよ。

 

●靴の臭い対策
布の靴であれば洗うことで、臭いの解消が期待できます。重曹水に一晩つけて石鹸を使い洗い、しっかり流します。湿気が臭いの原因なので、陰干しをして早く乾かします。

 

靴の臭いの元は湿気なので、靴を乾燥させることが一番の方法です。要らなくなった靴下に重曹を入れて、シューズキーパーを作り靴の中に入れて乾かします。

 

また何足かの靴を交代で履き、履かないときに陰干しをするだけで、臭いの軽減と靴の長持ちにつながります。

 

靴の中に10円玉を入れておくと、銅イオンの効果で消臭できます。臭いには個人差があるので、枚数は自分で調整してみてくださいね。

 

ボディソープと石鹸

page top