お酒の飲み過ぎ 体臭

お酒の飲み過ぎは厳禁!体臭がキツくなります

お酒,飲み過ぎ,体臭

 

大勢で集まってお酒を飲むと、楽しくてつい飲み過ぎてしまいますよね。しかし飲み過ぎるとお酒臭くなってしまいます。この臭いは口から出ているだけではなく、体から体臭として発生しているのです。

 

お酒を飲み過ぎると、体臭はキツクなってくるので、注意が必要です。

 

アルコールを摂取すると、血管が拡張されて血流がよくなります。すると体内でお酒は酸化するので、体温が上がり汗をかきやすくなります。顔が真っ赤になったり、急に暑くなったりするのは、これが原因なのです。短期間で急激に汗をかくことが、体臭につながります。

 

またアルコールが体内で分解されることで、アセトアルデヒドという成分に変わります。通常であれば、時間が経つと分解されるので何の問題もありません。しかし大量にお酒を摂取してしまうと、肝臓で分解が追い付かなくなってきます。

 

アルコールは尿として排出されますが、分解が追い付かなくなったアセトアルデヒドは、血液中に流れ出し、口臭にもなりますが、汗となっても出るため「酒臭い」臭いの体臭になります。

 

アルコールは体内で、酢酸にも変化します。同じように分解が追い付かなくなると、汗になります。酸っぱい臭いがしてしまうのは、そのせいなのですね。

 

お酒好きの人は、毎日飲むのが楽しみですよね。しかし肝臓がアルコールをずっと分解していないといけないから、休む暇がなく肝機能が低下してしまいます。その結果キツイ体臭となってしまうことがあります。

お酒を飲み過ぎで起る体臭の原因をまとめると、
@急激な発汗
A体内で分解されるアセトアルデヒドと酢酸
Bお酒を飲み続けることで、肝機能が低下してくるため
になります。

この体臭を改善する方法は、お酒を飲まなければ良いことです。しかし仕事や友達と飲み会が開かれて、ひとり飲まないなんて寂しいですよね。そんなときは、飲んだあとに少しだけ対処してみましょう。

 

飲んだあとは、水分不足になっています。お酒で水分を摂っているように見えて、アルコールを摂取すると、利尿作用から尿として出てしまいます。だからお酒を飲んだ後は、水分補給を心掛けましょう。

 

お茶を飲むと、アルコールの代謝を促し血中アルコール濃度を下げることが可能です。カフェインには肝臓でアセトアルデヒドを分解する効果があるので、カフェインの含まれた緑茶が効果的です。これは二日酔いの予防にもなるから、おすすめできますよ。

 

しじみ汁には、グルタミン酸というアミノ酸が含まれています。アルコールを効率よく分解することで、お酒が体内に残らないようにしてくれます。またタウリンも含まれているから、肝臓の機能の回復に努めてくれます。

 

そして、ワインであれば・・・
・グラス2杯くらいの200ミリリットル
・日本酒なら1合180ミリリットル
・ビールなら500ミリリットル缶1本くらい
これくらいが適量と言われています。

 

お酒を飲み過ぎることで、肝機能が悪くなり、体臭にも影響してしまいます。飲酒を休む日を作ることで、肝臓の疲れをとることが可能です。好きなお酒を飲みつつ、体臭対策もできるよう適量の飲酒を心掛けてみませんか。

 

ボディソープと石鹸

page top