体臭対策

体臭の悩み(TOPページ)

体臭が気になる女性に、とっておきのサプリメントを紹介しています。
肌が弱い人やアトピーの方は、香水や消臭剤、ボディソープや石鹸などで体臭対策をするのはツラいですよね。
でもサプリメントなら、地肌に触れることもないので安心です。
このサイトでは、体臭を予防するサプリメントの紹介や体臭対策などを詳しく説明しています。

話題の体臭サプリメント

★ニオイの元を断つ有効成分と制汗成分をWに配合しているので、男女年齢問わず体臭・加齢臭・臭い・脇汗・ワキガ・腋臭・ワキ汗のお悩みを解決致します。ミドル世代の加齢臭やわきが臭など汗臭、腋臭によるカラダからの嫌なニオイの悩みに効果的なネオテクト医薬部外品消臭クリームです。

 

 

 

★かほりのおめぐ実の特徴は、体臭・加齢臭・口臭などの臭いをカラダの内側から変えていきます。
臭いの原因2つ!⇒「腸内環境の乱れ」「皮脂の酸化」
この1つだけを解決しても意味がないんです。
この2つの原因をカバーしてくれるのがかほりのおめぐ実です。

 

 

 

★衣類を超消臭衣類にする急速イオン消臭スプレー[ヌーラNULLA]
NHK「おはよう日本」日テレ「スッキリ」他、数々のテレビ番組で紹介され、今尚メディア取材が続いている話題性抜群の製品です。
ワキガ・体臭・汗臭・加齢臭やタバコ臭・魚臭・ペット臭の臭い対策に驚くほどの効果です。

 

 

 

★「臭ピタッ!」は、濃縮技術で消臭成分をギュッと濃縮して含まれています。なんとモニターの方の95%が効果に納得。76%の方は、3日以内に実感しています。体臭だけでなく、加齢臭や口臭にも効果が期待できます。

臭いの種類と病気について

体臭というと、男性だけの問題と思いがちですが、女性にも体臭の問題が出てきてしまいます。
普通の体臭は、汗が細菌によって分解された時に発生する臭いと、皮脂腺から分泌された皮脂が酸化して細菌に分解された時に発生する臭い、あるいは両方が原因によって発生します。
この仕組みは、男性にも女性にも変わりなく通常生きていれば発生する仕組みとなっておりワキガ体質でなければ、問題はないとされています。

 

ただし、問題になる体臭もあります。
それが病気が原因で引き起こされる臭いです。
病気が原因で発生した物質や老廃物などが血の中に溶け出すことで、臭いが発生することが多く、病気の種類によって臭いが異なります。

 

 

病気にかかると体内では、特有の物質が作られたり、たまってしまうことが多く、血液を通して身体中に運ばれ汗とともに臭いが外側に出てきます。
種類によって臭いが異なるのが特徴で、臭いに不安を感じたらセルフチェックすることをおすすめします。

 

臭いと病気の種類としては、酸っぱい匂いがするときには乳酸やアンモニアが発生していることが考えられます。
有害物質は通常肝臓で処理されて尿素となって尿や汗などと一緒に排出されますが、何らかの原因によって肝臓の機能が衰えると、処理のしきれなかったアンモニアなどが汗や皮脂に混ざって排出されます。
これが特有の酸っぱい匂いになるため、この匂いが発生した場合には肝臓や糖尿病が考えられます。

 

甘い匂いが発生する場合には、ケトン体が原因となります。
脂肪が分解されエネルギーとして使うときに作られるのがケトン体の内、アセトンという物質によって匂いが発生します。甘い香りをしているの特徴的な物質で汗と混じることで甘い体臭になります。

 

最も疑わしいのが糖尿病で、バナナやココナッツのような甘い匂いがします。
カビ臭いという場合には、体内から発生しているのか、表面から発生しているのか判断することが大切です。
その他にも様々な臭いがありますが、臭いによって病気は異なるため体臭にも注意をして生活することが病気の予防につながります。

体臭と生活習慣の関係について

体臭と生活習慣には密接な関係があり、規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事がきちんととれている健康的な生活を送っていないと、身体の健康状態に問題が生じてしまい様々な弊害が生まれてしまいます。

 

生活習慣による体臭の原因と対策方法

 

まず普段の生活の中でストレスを溜めないことが重要です。
ストレスを感じて不安になったり、イライラすることで男性ホルモンとアドレナリンの分泌が豊富になってしまいます。

 

それによって皮脂腺が刺激を受けてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまい、皮脂が酸化することで臭いの元になってしまいます。
対策方法としてはストレスをため込まずに、物事をポジティブに考え、自分にあったストレス発散方法を見つけて行動しておくことが大切です。

 

 

また体臭や加齢臭を増幅させる原因には喫煙と飲酒も関係しています。
ニコチンは血行不良からエネルギーの代謝を下げる働きがあるので、アンモニアや乳酸が発生しやすく体臭がきつくなる傾向があります。
逆にアルコールは、血行が良くなる半面、分解する過程でその成分が血液から全身に流れ込んでしまうために体臭の原因になります。

 

これらのストレス、飲酒、喫煙は生活習慣病を引き起こす要因でもあり、そこか糖尿病、高血圧、高脂血症などになるリスクも高まります。

 

生活習慣病になる人は血液がドロドロで身体の老廃物を排除する機能が低下していたり、肝臓、腎臓の機能が低下していて元々体臭の原因を引き起こしやすくなっています。

 

そのため、生活習慣病にならないように注意し、普段から心掛けた健康的な生活を送ることが、体臭の予防にもつながります。そして予防のためには睡眠も欠かせない要素で、睡眠を十分にとるだけでもストレス発散につなげることができます。

 

何よりも、食べ過ぎたら次の日にはカロリーをコントロールするなど習慣的に生活習慣の改善を試みて、日々の生活を工夫することが大切です。

 

page top